人気ブログランキング |

イングリッシュガーデンショウ その1

4月13日に大丸心斎橋店で開催されていた
「イングリッシュガーデンショウ」に行ってきました。




相葉ちゃんの舞台「グリーンフィンガーズ」に向けて、
英国式ガーデニングの本を結構読みました。
もともとガーデニングなんて、全く興味も知識も無かった私。
まぁ、コレを機会に教養を深めようと・・・・・
ええ、いろいろなコトに興味を持つのはよいことだと・・・・
は?え?ああ・・・はい、ただの、“暇なあいばか”なんですが。(笑)

で、いわゆる日本で言う「ガーデニング」と
イギリスでの「ガーデニング」とは生活の中での意義がずいぶん違うこと、
コリン達が参加することになった「ハンプトン・コート・パレス・フラワーショウ」
なんて想像もつかない歴史と規模と奥深さがあること、
なんかが、なんとなーく分かりました。

でも、やっぱり本からの知識のみでは、
舞台の中で理解できないことが多かったんです。
なので、実際に英国式ガーデンを見たいなー!!って思っていまして、
そんな時に、大丸心斎橋店でこのショウを開催しているとのことで、
万障繰り合わせて行ってまいりました。

c0170483_1829195.jpg


§ ハーブガーデン

  はじめの展示は、ハーブガーデン。
  ケーキの形をしたビッグコンテナに、ラベンダーをメインとした寄せ植え。
  本物の苺が使われていましたっ!
  ラベンダーの香りとともに苺が甘く香ってました。
  本当に苺って使うんですね、内務大臣!

c0170483_18294744.jpg


  続いて、ウォールコンテナにミントやハーブがたくさん。
  あら、相葉ちゃんが育てていたミントさんはどれかしら???
  って恋敵のミントをさがしてみると・・・・
  え~~!!ミントっていっぱい種類があるのね。。。。。し、しらなかった。
  ペニーロイヤルミント、パイナップルミント、オレンジミントなどなど。
  葉っぱの形も色も香りも全然違いました。ふ~~ん。
  で、相葉さん家のミントさんは、どれなのっ!!
  と、戸惑いながらも、ジャスミン、キンギョソウなどと一緒に、
  当たり一面がとってもいい香りで、ほんと癒されました。

§ ローズアベニュー
 
c0170483_18301988.jpg


  暮らしの中で楽しむバラの
  あれこれだそうです。

  ここにも苺がありました。
  イギリスって、
  フツーに苺を使うワケ?





§ シンボルガーデン

  今回の展示のメインとなるガーデン。
  バラやハーブに野菜!も加わって、
  香りと色彩豊かなうえに、植物の自然な姿を生かした庭でした。
  たしか、舞台中にもこんな感じの庭がありましたよ!
  う~~んなんていうか、畑みたい?!な感じ?(←ホント、ゴメンナサイ)

 
各展示のつなぎには、
ボーダーガーデンのように細長い庭がつくられていたり、
ガーデニングの道具が置かれていたり、
いかにもコリンが立っていそうな雰囲気でした。

c0170483_18305327.jpg


c0170483_18311015.jpg



この大丸心斎橋の「イングリッシュガーデンショウ」のコンセプトは、
「色彩と香りの華麗な競演」とのこと。
舞台中でファーガスが提案した「香りのする野草庭園」
に通じるところがありました。

  
                 ~つづく~ (→コチラ

by emerald-arashi | 2009-04-15 18:34