人気ブログランキング |

雑談

12月5日の名古屋ドーム2日目の出来事です。




先日の名古屋ドームのとき、私の斜め後ろに、
叫ぶ方がいらっしゃいました。



嵐ライブでのマナーについて、
多くのブロガーさんが取り上げていらっしゃいましたが、
私は、これまで一度も取り上げませんでした。

それは、私がまだ嵐のライブ経験が浅いので、
私自身、まだわかっていないところがあるかもしれない、
と思っているからです。

もちろん、大人として、他の方の迷惑にならないように、
という当たり前のマナーは心得ているつもりですが、
いわゆるジャニーズならでは?のマナーがあるようで・・・

たとえば、
嵐のコンサートでは、一緒に歌うのはNG、
と師匠に言われました。
これまで、他のアーティストのライブでは、
一緒に歌うのは当然と思っていたので、
これは、正直、結構驚きでした。

このように、私の知らないこともあったので、
嵐ライブのマナーといわれていることについては、
ここでは取り上げませんでした。



とはいえ、実際に会場で、
うちわを高くあげる方、挨拶で叫ぶ方などをお見かけしたら、
すぐさま注意させていただいていました。

みなさん、その時はイヤな顔をされますが、
ほぼ、聞いてくださいます。
何度もしつこく言ったりしましたけど。
叫びそうになる前に、睨んだりしましたけど。(←怖いよ)



ところが、今回は、なかなか上手くいきませんでした。

日本の方ではなかったんです。
言葉から察して、アジア系の方だと思います。
開演前から、テンションが大変高く、にぎやかでした。
バーテンダーのPR予告も聞こえなかったくらい。

最初に注意したのは、
ワンラブの潤くんのソロの後に叫んだ時でした。

潤くんの、♪ひゃくねーんのくだりは、
なぜかお祈りポーズでうっとり聴いているのですが、
ここの最後に叫ばれて、正直ムカっとして、注意しました。
ま、まぁ、エメラルド英語ですけど。。。。

MC中は、ずっとお話をされていました。
私が、振り返ると小声になりましたけど・・・
どうやら、日本語がわかる方が通訳をされていたみたいです。
あ、これは想像です。

その後もバラードのソロパートなどで叫んでいたので、
何度か、ジャスチャーで静かにするように促しました。

ただ、彼女たちには、その意味が分からなかったみたいで。。。
たとえバラードでも、曲の終わりとか、
曲と曲の合間で叫ぶのは当たり前という表情でした。
それが、アーティストへの応援の仕方だと思ってる風でした。

で、挨拶。
大野さんの時に叫びました。
これには、静かに!と強く注意しました。
その効果があったのかどうかわかりませんが、挨拶中は静かでした。
でも、潤くんの挨拶が終わった瞬間に、また叫びました。

幸い、連鎖反応的に叫ぶ方がいらっしゃらなかったので、
ひどいことにはならずに、ホッとしました。





叫ぶ方、うちわを高く上げる方、歩きまわる方、
それは、皆で注意すれば、改善していくと思っていました。

けれど、今回の出来事を通して、
単に、注意をするとか、そいういうことでは対応できないような、
「文化の差」というものがあるのかなぁー・・・って感じました。

日本国内でも音楽ライブの形は様々です。
アーティストによって、応援の仕方も様々です。
まして、文化の違う国からの参加となると・・・
いろいろな違和感がでてくることは避けられないのかも。。。って。




観光立国ナビゲーターとして、
嵐さんは、ますますアジアでも露出も多くなり、
海外からおいでになる方が増えていくであろうことは、
想像に難くありません。

そんな時、海外から参加される方に、
嵐ライブについて、どう説明したらよいのでしょう?
ってか、いつ、誰が説明したらよいのでしょう?


FC に問い合わせしました。
FC は、日本国内および日本語サービスに限定しているそうです。
なので、現時点では、海外からの参加者についての対応は、
考慮されていないようです。
ただ、今後の検討の余地はあるような回答をいただきました。




この件をアップするかどうか、かなり迷いました。
海外から参加される方を非難しているように受け取られないか?
もしかしたら、このケースは稀なケースなのかも・・・・
などなど。

それでも、
そっかー、そんなことがあったんだー程度のお話としてでも、
知っていただくことは、何らかの一歩になるかなーと思って、
思い切ってアップした次第です。

ご理解いただければ幸いです。

by emerald-arashi | 2010-12-08 13:50