世界体操 女子決勝

10月11日OAの「世界体操 東京2011」 女子団体決勝




連日テンションマックスな相葉さん。
あの、荘厳なオープニング。
からのー、
テンションマックスの相葉さんは、どうなの?
今日は、夜中じゃないからねー!
と思っていたら、平均台の演技からでした。
はぁ。。。

そして、演技終了後

A:「やりましたー、日本女子!」

やっぱり、テンションマックスの相葉さんでございました。
ま、冷静に、はムリとしても・・・・・
あのさー、何を「やりましたー」なのか、わかんないよ!
総合で7位って知ってたから、え?とか思ったわ。
ナビゲーターの時は、お願いだから、主語を先に言ってください。(爆)

・・・と、突っ込んでいたら、
相葉ちゃんの隣りにコマネチさんがっ!!!
ひぇ~~~~
てっきり、コマネチさんは、大塚さんが担当かと思ってました。
大塚さん、完全に観覧なのね・・・(汗)

A:「すごーい、伝説の・・・」

といいながら、握手で会話の相葉ちゃん。
ひぇ~~~~~~
お茶、噴きそうになりました。

コマネチさんは、
体操では、ありえないと言われてた満点とか出しちゃった人。
当時では、年齢もダントツで低くて、
コマネチさんの登場で、
体操女子の年齢が下がったんじゃないかな?

そんな伝説の、コマネチさんだけど・・・
相葉ちゃんの脳内には、あの「コマネチ」(←ネタ)
が浮かんでいるのが、見えた気がしたのは、私の気のせいか?




で、はじまった女子決勝。

いやいや、ノーミスって難しいのね。
予選とは、ルールが違うから、
小さなミスが、影響してしまうのねー。
世界の舞台での戦いは、やっぱりハンパないですね。
でも、ロンドンにつながったしね。

これで、大会が終わった選手もいますけど、
ホント、お疲れ様でした。
めっちゃ元気いただきました。
また次に向けて、頑張ってくださいっ!!!

なかなか、女子全員の演技はOAされないので、
全ての演技がTVで見られたのが、嬉しかったです。

って、すっかり体操ファンの私です。(笑)

by emerald-arashi | 2011-10-12 10:39