センター

日記。仕事のお話なんかしちゃおうかな。




いよいよ、BWコン、オーラスですねー。
福岡にいる皆さんは、全力で楽しんでくださいねっ!!!
素敵なオーラスになりますように☆



私の方は、今日はセンター2日目。私の担当教科の日。
もう、1個終わってます。
はぁー、今年はどんな問題かなぁー。ドキドキ。

今日はこれから、パソの前に陣取って、
各予備校がどんどんあげてくれるデータを読みつつ、
今年の傾向を頭に叩き込みまーす。


センター試験の利用の仕方は、
大学によっても、学部によっても様々で、
その点数がそのまま合否に使われるところもあれば、
2次試験の点数と抱き合わせで合否が決まるところもある。
しかも、抱き合わせの仕方が、
一部の教科だったり、点数を圧縮したりと、なかなか複雑。
なので、極端にいえば、
同じ点数をとっても、志望校によって、その状況は全く違うものとなる。

試験終了後には、各予備校が解答を直ぐに発表するので、
生徒達は、月曜日にそれをもとに自己採点をして、
予備校予想の平均点と照らし合わせながら、
願書を出す大学(特に国公立)を最終決定するわけ。

なので、国公立志望の生徒にとって、
このセンター試験は、まだまだ通過点で、これからが本当の勝負。
今年は、私のところにも国公立志望がいるので、
私的にも、これからが大変だったりする。


そして、月曜日以降、
センターのできが悪い生徒は、当然ながら、
志望校をかえようか、ってゆーお話になるわけだけれど・・・

ここで、毎年、オーナーと対立する私。


オーナーは、ボーダーラインの生徒には、
志望校を変更するようにと、アドバイスするのが我々の仕事だという。
それを保護者も望んでいると。

でも、私はそうは思っていないのだ。
ってか、私には、そんなことは言えない。
本人が挑戦したいといっているなら、
それを止めろとは、どうしても言えない。

たとえ可能性は低くても、
合格に絶対が無いように、不合格にだって絶対はないはず。
あと1か月。死にもの狂いでやれば、光だってさしてくるかも。
若い力は、きっと伸びる。
それを信じて、2次で挽回できるように指導するのが、
私は、私の仕事だと思っているのだ。

それに、もう、18歳。
自分で決めさせてもいいんじゃないの?とも思う。
自分のことを自分で考えて、自分で決めて、
自分でその責任をとってもイイ年齢だ。


が、なかなか私の意見は通らない。
安全サイドを望む大人たち。
まぁ、その気持ちもわからなくはないけど・・・

そりゃ、もちろん。
失敗することだってある。
でも、そしたら、やり直せばいいじゃない。

もし、今日まで、必死でやってきたのなら、
自分で決めるチャンスをあげたい。
自分で責任をとるチャンスをあげたい。
で、もし失敗したら、そこは全力でフォローすればいい。
それが、教育ってもんじゃないの?

最初っから、失敗しないようにって、
大人が決めちゃっうのなんて教育じゃない!

と、私はずっと思っているのだが。。。。

・・・現実的には、なかなかそんな話は通らない・・・


まぁ、つまり、
どうか、ボーダーの生徒がでませんように。
ってことよね。


とにかく、あと1教科。

落ち着かなかい時間が続きます。

by emerald-arashi | 2012-01-15 15:02