acteur

2月3日発売の「アクチュール」




相葉ちゃん表紙のアクチュール。
「相葉雅紀 素直、最大限」ですって。

12ページ。
お写真10ページでインタビュー2ページ。

とっても自然なお写真。
お衣装は、キネマのジャケを変えただけ。
一緒の取材ですねー。
なので、結構前のお写真です。

いろいろな角度の相葉ちゃん。(笑)
超アップもあって、ドキってしたけど・・・
私ねー、台の上に立ってるのが好き♥
相葉ちゃんを見上げるのが、好きなの、きゃー♥

で!
テキストが2ページだったけど、
これ、良かったです。

キネマのテキストがさらーってしてたから、
物足りなかったけど、コチラは、バッチリな感じ。
いろいろ聞き出してくれてます。

去年のお正月の相葉家のペットのお話とか、
中野ブロードウェイのお話とか、
・・・ビートルズの謎が解けたわ!
キッチンにまだバースプーンがあるとか、
でも、お酒造りの趣味は2ヶ月で終わったとか。(笑)
・・・ハーブより短かったね。(笑)
しやがれの「星空のディスタンス」のお話とか。

でもって!!!
今後は、映画のお仕事をもっとやりたいとか!

ここ食いつきますね。
えーーーーそうなの?つって。
だって、初めて聞いたかも・・・
自分からこんなこと言うのは珍しいよね?
えーーーーそうなの? (2回目)
あの・・・舞台、希望なんですけど・・・

でも、映画のお話の最初に、ブラピのことを言ってて、
ひょーーーってなったわ。
そうそう、そうだった、
私、ブラピの主演の「ジョー・ブラックをよろしく」
を押してたんだ。(笑)
あの無垢でクールなイケメンは相葉ちゃんしかいない!
ぜひぜひ、相葉雅紀主演で、リメイクして欲しいっ!
つってね。(笑)

映画のお仕事、あるとイイね。
できれば、「ジョー・ブラックをよろしく」で。(←しつこい)


それからー、
このライターさんが、素敵な方でございまして・・・

(相葉ちゃんの言葉に)ハッとさせられた・・・とか、
(相葉ちゃんを動物に例えると、ポンじゃなくて)
時によってチーターのように精悍にも
リスのように愛らしくもなれる・・・
とか、
自分を笑う術にも長けていて・・・とか、
なんか、ちょいちょいそんな言葉を挟んでくれてて、
大変、大変、素晴らしいテキストでございました。


あ、あとねー、
映画のお話の中で、

A:「動物って、なんか最初から最後まで、
  家族でいられないじゃないですか」


ってゆー相葉ちゃんの言葉に泣きそうになったわ。
これねー、人間もそうじゃないかなぁーって思うのよね。
最近。
まぁ、このお話は映画を観てからかな。


そんなアクチュールでございました。

by emerald-arashi | 2012-02-04 00:34