別れの季節

日記。嵐ゴトの全くない日記。




実は、3月いっぱいで、
今勤務している塾を辞めることにしまして・・・
まぁ、いろいろ、いろいろ考えての結論でございます。

先日、高2の一部の生徒がラストの授業でした。
来年、私立文系コースを選択する生徒は、
学年末テストが終わったら、もう数学は無いので、
これでおしまいってゆーわけ。

で、
いやー、やっちゃいましたー。
もう、うっかり涙の私でございました。
生徒の前では、泣かない私なんですけどね。。。ポリポリ



そのクラスは、
どう頑張って盛って言っても、
デキのいい生徒達ではなかったです。はい。

前後左右で楽しそうなおしゃべりとか。(授業中ですよっ!)
ちょっと、目を離すと爆睡とか。(起きろーー!)
遠慮のない大あくびとか。(噛み殺すの!)
トイレに行くともうできないとか。(公式も流してくるな!)
教科書がなくなった!とか。(探すのよ!)
30点の壁が越えられないとか。(・・・・・)
鉛筆もってこなかったとか。(何しに来たの?)

もー、いつも私を超絶にいらいらさせるクラスでした。


でも、ラストの授業は、それはそれは、キチンとしてて、
あ、これで普通くらいですけど・・・
学年末テストは、絶対頑張ると、皆必死でしていました。
30点の壁を越えられない生徒は、
50点以上を私にプレゼントしてくれるとのこと。


そして、ラストのラスト、
「2年間ありがとうございました」
の言葉とともに、
「数学がキライじゃなくなった」とか、
「先生で良かった」とか、
嬉しい言葉。

私の方も、

数学が、苦手、キライなことって、
決して悪いことじゃないから。
そりゃ、努力して、好きになって、得意になれば、
それは、素晴らしいことだけれども、
だれにでも、苦手はあるから。
それが、個性だから。
今まで、よく頑張ったね。
これからは、自分の興味のあること、
好きなことを、やればいい。
そして、何か1つでも、
だれにも負けないようなことを見つけてね。

そんなことを言いながら、言葉に詰まってしまいました。


別れの季節・・・名残惜しいね。

by emerald-arashi | 2012-02-23 18:43