第6話

5月19日OAの「三毛猫ホームズの推理」 第6話




土曜ドラマ、次のクールの発表がありましたねー。
あーーもう後半なのね。(涙)

大事に大事に感想を書きたいと思います。



ってことで、第6話。



復讐の連鎖。
重いテーマでございました。


でも、私的には、今回のラストシーン、良かったです。

最初は、津川さんが、あまりにもはやく銃を下げてしまって、
はい?とか思いましたけどね。

でもねー、あとで、思ったのねー。
津川さんは、義太郎くんに撃たれたかったんじゃないかなーって。
この人に裁かれたい、つーの?
この人なら終わりにしていい、つーの?


復讐の連鎖は、いつか断ち切らねばいけないことを、
きっと、津川さんは知っていたはず。
でも、やっぱり断ちきれない。
そんな時に、あの純真な義太郎くんに出会って、
利用するはずだったのに、惹かれてしまう。
あの、夕食の約束をしたときの津川さんは、
とっても素敵な優しい笑顔だったもの。

罪の意識もあったと思う。
絶対に許せない想いと、罪の意識。
その交錯する想いのなかで、ふと、こんな人に出会ったら、
もう、自分が、やるせなくなるんじゃないかなー。
ま、経験ないからわからないけど。(爆)

だから、弾の入っていない銃を義太郎くんに向けて、
自分を撃たせたかった。
この人に、終止符を打ってもらおう。つって。

ところが、あの怖がりのへなちょこのお人よし野郎は、
自分に銃が向けられてるってゆーのに、ひるまずに、
本気できれいごとを言ってるし、
本気で正論かざしてるし、
こともあろうに、

義:「(銃を)持ってません」

だもんね。
なんか、もう、この人にはかなわないなー、ってなるよね。



義太郎くんの魅力が、はじめてわかった6話でございました。




にしても、吉瀬さんがお綺麗で、素晴らしかったです。
白のタンクトップもカッコよかったし!!!
アクションものって、ラストの対決シーンは、何故か脱ぐよね。
いや、着てたほうが安全なんじゃ?とか思うけど。(笑)





そして、義太郎くん。
今回は、走ってましたねー。
そうそう、刑事っていったら、走らなくっちゃ!!!

刑事役で、走るシーンを、ずーーと夢見てきたのよねー。
ちょっとたよりない刑事だけど、もう、この際、そこは目をつぶって、
夢が叶ったことを喜ぼう!!!
前向きでしょ。(←自分で言うな)


あ、あとねー、今更だけど、お衣装の件。
あのロンドンを意識した、お衣装も素敵なんだけど・・・
こーゆーお衣装は、ミステリーマニアのヒロ兄ィ が着ればよかったのに、
って思ったりしている今日この頃。
義太郎くんは、特別なこだわりがないのがこだわりって、
相葉ちゃん言ってたよねー。
こだわりがないなら、じみーなスーツなんじゃない?

はーい、スーツで走ってるとこが、見たいだけです。エヘ。




今回、義太郎くんとホームズ(マツコさんの方)とのやり取りも面白かったー。
「抱っこ」発言には、ひぃーーーってなった。(笑)

ホームズとの関係は、これから、どうなっていくのかなー。

楽しみ♪






「犯罪学講座」が読み終わったので、
次は、「大改装」の予定でーす。

あーーでもDVDが来たら、読めないかもー♪

by emerald-arashi | 2012-05-21 23:28