人気ブログランキング |

HOPE 4-2

2月5日OA「ラストホープ」 第4話 その②




続きでーす。


改めまして、衝撃のラストシーンの件。

まーー驚きましたねーー。
斉藤夫婦に息子がいたとは・・・
そして、そして、
卓巳くんの手術シーンに、もう一人の男の子いたとは・・・

しかも!
手術室にいた男の子は、卓巳くんにそっくりじゃなかった?

今まで、斉藤夫婦に見送られて手術室に入っていったのが、
卓巳くんだとばかり思っていたけど、
あれ?こっちが卓巳くんなの???
えーえーえーえーえー?
じゃあ、ベッドで移動してたのはいったい・・・


ってことで、男の子のデータ整理。

あの手術が行われたのは、1985年。
卓巳くんは、1983年か1984年生まれだから、2、3歳のはず。
やっぱり、小さい男の子が卓巳くんなのかなー。

で、
斉藤夫婦の息子は、
斉藤父が43歳のとき、息子が13歳。(←新聞情報)
斉藤夫と波多野父は、同期なので、ほぼ同じ年齢とすると、
斉藤夫婦の息子は、卓巳くんより、3~4歳年上ってことになる。
聡史くんは1993年生まれだから、この時は、まだいない。

あのベッドで寝ていたのは、5~6歳?の男の子だったから、
やっぱり、あの子は、斉藤夫婦の息子なのかなー?

それにしても、あの男の子は卓巳くんと似ていたような・・・
え?気のせいかな?
いや、そんなことはないと思う・・・から・・・
やっぱ、兄弟ってゆーことなのかな?


このときの執刀医は、たぶんセンター長。
ケセラセラを歌っていたから。
センター長は、移植医だったって卓巳先生が言ってたから、
じゃあ、これは兄弟間の移植手術ってこと?
子ども同士でありうるのかなー?
いや、もう一人いるとか?

斉藤夫婦は遺伝子の研究者だから、
遺伝子も絡んでくるのかなー?
密かに・・・なんかしたとか?ひゃー!
そこに橘先生のお父さんが登場して・・・とか?

うん、卓巳先生のお兄さんが鍵かも!
もし、お兄さんが生きていれば、33歳くらい?
おおお、あの出版社の人とつながってるとか?


そもそもさー、
卓巳くんって、いつ波多野家にきたのかなー。
遺伝子を調べてもらうくらいだから、
当然、戸籍上は実子だったってことよね?
じゃ、ひそかに、受精卵のときとか?きゃー!(←暴走しすぎ)


謎が深まると妄想も広がる。ははは。(汗)




にしても、
自分の過去がわからないって、辛すぎるわ。

卓巳先生って、
3話では、患者さんに結構辛辣なことを言っていたし、
4話では、高木先生や、橘先生にぐいぐいいってたよね。
そんな彼が、自分の父親には、何も聞けないってゆーのが、
そーゆー親子関係ってゆーのが、寂しいよねー。

いつも、ラストシーンの卓巳先生の辛そうな顔をみると、
そんな孤独が伝わってきます。うる。

・・・抱きしめてあげたい・・・







はい。

10分拡大だったのに、あっという間の第4話でございました。
第5話は、撮影が大変っていってた回でございますね。
TV誌をみたら、卓巳先生が何をするのか分かっちゃった♪
うふふふ、楽しみ~♥

by emerald-arashi | 2013-02-08 11:53