HOPE 6

2月19日OA「ラストホープ」 第6話




今回は、視力か延命か、のお話。
いやー、難しいお話でございました。

どちらか一つっていったら、そりゃ延命でしょ!
橘先生に激しく同意の私でございました。
「死を選ぶ患者に保険をつかって目を治すって、いいもんかね」
ってゆー副島先生にも、激しく頷いていると・・・
「オレも目だなー」
と、背後からダンナの声。(←見てたのかー!)

まぁね・・・
私が、もし同じ立場だったら、
そりゃ、もう1回、見たいって思うわ。
もう1回、写真がとりたいって思うわ。
残りの時間のQOLをあげたいって思うわ。

でも、そのために、助かるかもしれない命を、
後回しにするってゆーのは・・・
うーーん。。。。
命ってそうゆーものかなー?
少しでも「生きられる」なら、生きなくては、
「生きられない」方に、申し訳が立たないつーか、
それがこの世に生をうけた責任・・・つーか、
ねぇ・・・
なので、やっぱり私が患者なら、
視力優先の希望はあっても、それは言えないと思うなー。

って、その前に、延命治療の是非の問題があるけどー・・・

って、私の話はどーでもいっか。(汗)



今回は、患者自身が、明確にQOLの向上を希望しているわけで、
それに対して、このセンターの医師達はどうするのか・・・

T:「こんな患者さんの依頼、もしウチがさじをなげたら、
 どこも受けないんだろうなー」


ラストホープ。
いろいろな意味があるんですね。


患者を助けるとは、救うとは、いったい何なのか?
医師の使命とは、治療の意味とは、何なのか?
考えさせられる回でございました。

また、
最先端医療の現場で、
結局、採用されたのは過去の治療法だった、
ってゆーのも、興味深かったです。

あとー、
目の手術シーンとかも、初めてだったので、
ビックリでした。なんだあれ?つって。

そして、副島先生!!
丸っとカッコ良かったですっ!
イイ人だったねし。





以下、相葉目線でーす。



・ 卓巳先生の義母

あとで謝るなら、最初からやらないで!
隠すのなら墓場まで持ってて!
打ち明けるなら、全部話して!
と、おもわず病人につっこむ私でした。(爆)

20歳の卓巳先生。ん、19歳か?
めっちゃ好青年の医学生!
めっちゃ可愛い♥



・ カンファレンス

生どら焼きをかぶりつく卓巳先生。
え?そんなに?
そんなに、あんぐりと食べて大丈夫?
お茶お茶!って思わず思いました。

やっぱ、あれですかね。
お茶を飲まないってゆーのも、
気軽にトイレにいけないってゆー町医者時代の習慣ですか?



・ 休憩中

休憩中の卓巳先生。
白いソファーに座ってる卓巳先生。素敵。

患者の写真集を買っちゃうってゆーのが、
なんとも卓巳先生らしい行動だなー

そして、橘先生に、写真集を渡そうと、
ふーっと息をはいて、立ち上がる卓巳先生が、
この時の表情が、なんともいえず、
めっちゃ素敵でございました♥
このシーン好き、好き、大好き♥



・ BGM

視力を取り戻して、最後の写真をとる患者さん。
イイ笑顔。
これでよかったのね・・・

でも、
亡くなった患者さんの部屋を、そっと見つめる卓巳先生の後姿は、
なんとも寂しそうでございました。

この一連のシーンで流れていたBGMが、
めちゃめちゃ切なく響いて、とっても印象的でございました。




・ 重要人物登場


ついに登場、斉藤健!(←呼び捨て!)

と思ったら・・・
え?来週患者なの?
古傷が痛んだとか?

いよいよ来週から、怒涛の展開とのこと。
楽しみです。









相葉ちゃん、寝てない顔でございましたね。
うん、頑張ってね!!!

髪も伸びてきちゃったしね・・・
ドラマ中は、ちょいちょい切らないと!
マイガール再びだわ。(爆)
ってか、そんなタイミングもないような、
前後が入り乱れた撮り方だったのかな?

今、9話の撮影とか・・・
アップまで、あと1か月もないかもですねー。

ってことで!
いよいよ、この話題よ!(笑)

ラストホープが終わったら、ついにパーマか!?

うふふふ、うん、久しぶりにパーマもイイかも。
アダムなパーマ希望でーす。

by emerald-arashi | 2013-02-20 17:13